7月 15 2014

FXの証拠金が少ないリスクを考えよう

FXでは、レバレッジを設定して証拠金より高いお金を動かすことができるため、初心者や投資に使うお金を大きく取れないという人も、気軽に副業にできると言われるそうです。マーケットが24時間空いているなどもありますが、証拠金に注目してみましょう。


FXの証拠金は少なくていいの?リスクを知ろう

レバレッジで最大25倍にできる、というと、証拠金が準備できなくてもFXは、気軽に始めていい投資なのだ、と認識されがちですが、少ないことにもリスクは存在します。FX業者には、強制ロスカット機能などリスク管理を行うシステムの導入が義務になっていることから、証拠金を大きく割ってしまうと、その場でトレードを強制終了させてしまうケースもあるためです。


急激な下降、上昇に耐えられないことも

外貨の中には、一時的に価値を急劇に落とし、その後、徐々に元の価格に戻っていくというケースがあります。この場合、その場でトレードを確定せず、そのまま通貨を運用することで、価値の回復を待つのですが、証拠金が少ないと、下落の際に証拠金割れを起こし、マイナスになったままトレードの終了を強制的に行われてしまうのです。通貨は急激な価値の変動も考えられるので、この変動に耐えられる程度の証拠金を入れて置かないとマイナスばかりになってしまうということもあるそうです。

6月 9 2014

一日1分?スキャルピングというFX売買

FXにはデイトレーダーという一日でトレードを終了させるトレードスタイルの他に、数日、数週間でトレードを行うスイングトレード、長期間ポジションを維持するポジショントレードと期間によってトレードに通称があります。


FXを一日数分だけ行うスキャルピング

デイトレードの中でも非常に短い時間だけ、秒単位で売買を行なうスタイルをスキャルピング、と、頭を奪うという英語のスカルにかけて呼んでいるそうです。システムでの売買には規制がかかるといった声もあるそうですが、現時点で明確な情報はなく、FX会社でも、手動の売買に関して時間制限などを設定している会社は特にないと言われているそうですが、禁止行為に追加している会社も少しずつ出ていると言われています。


薄利を何度も重ねる方法

FXではトレード時間が短いほどリスクのかかる時間が少ないという判断から、レバレッジを高くする傾向にあるそうですが、スキャルピングでは、多くの為替が少しずつ値上がりと値下がりを繰り返し、徐々に価値をあげるというデータから、この右上がりの時間帯だけにトレードをするそうです。瞬発的に価値の下がった瞬間に買いますが、次に上がった瞬間には売る、といった薄利を、短い場合には秒単位で行うそうです。リスクも大きくなるトレードなので、証拠金だけをいれるなど、マイナスを極限まで抑える工夫が必要です。

6月 9 2014

FXを長期トレードすることで生まれる利益

FXではレバレッジを高くして、なるべく時間をかけないでトレードを行うという考え方をしている人も多いかもしれません。確かに短時間のトレードではハイレバをかけて、できる限り大きな利益をめざし、リスク管理を行いつつ得るという方法が多いのですが、長期トレードを行う人もいます。


FXでロールオーバーすると生まれるスワップポイント

FXではニューヨーク市場を一日の終わりの市場としています。市場そのものは24時間動いていますが、一日の区切りがニューヨーク市場ということです。この市場を持ち越すことで生まれるのが、スワップポイントという金利の差です。金利の安い通貨と高い通貨を組み合わせることで生まれる利益ですが、一日の差はそこまで大きくありません。そこで、長い期間で金利を持ち越すことで利益を考えるというものです。


低いレバレッジで確実な利益を

このトレードの場合には、なるべくレバレッジなどリスクが大きくなる要因となるものを亡くしてトレードを行います。その分だけ証拠金も必要になるという声もありますが、長期間、トレードを確定せずに保有していることから、価値の暴落や、極端な値上がりなどに対応できなくなる、といった事態を防止するためです。確実に、安全に利益を得るトレード方法です。

6月 9 2014

FXはリスクヘッジ

FXではレバレッジの設定で証拠金以上のお金で外貨の売買を行うことができます。投資にかかる初期費用を低くした状態でも、利益を何十倍にもできるということから、副業で利益を出している人も多いそうですが、この設定を高くするほど、リスクも高くなることからリスクヘッジを考える必要があります。


FXはマージンコールだけでいいの?

FXでは、マージンコールという証拠金を一定割合以上マイナスになった場合のアラート機能がありますが、この場合はマイナスが出ていることが確定しています。アラート後に入金がなければトレードを強制衆力、これは強制ロスカットというシステムですが、マイナスを大きくしないためのリスクヘッジです。支払えないようなマイナスにはならないといえますが、これ以外にも売買をシステムに任せるなど、今は方法も増えているようです。


シストレで長期トレードもリスクヘッジを

シストレとは自動売買システムに通貨の売買を任せる仕組みです。これを利用すると、指定した差額や、値段になったときにシステムが自動的に売買を行なってくれるため、寝る時間や会議など、長時間どうしてもチャートを確認できないときも、安心できるようになったという声もあるそうです。また、長期間のトレードでスワップポイントを目指す場合にもシストレはリスクを最小限に抑えてくれるそうです。

6月 9 2014

バーチャル市場が世界を渡るFX

FXでは24時間、いつでも為替が動くことが株式投資と大きく違うところとなります。株式投資では時間がきっちりと決まっている、15時で一日の売買を行う市場が閉じてしまうので、ほかに仕事をしている人が、片手間で投資をすることが難しかったかと思います。またレバレッジを設定できるので、証拠金以上にトレードができるのも敷居が高すぎない理由だそうです。


FXは世界中の市場をバーチャルで移動

FXは24時間をかけて、世界のバーチャル市場を移動します。そのため24時間、いつでも売買ができるのですが、この市場には各場所で癖を持っている場所もあることから、全く同じものを売買していても、同じ市場という感覚でトレードを行うことは危険でもあるそうです。アジア市場は、FXで言われるセオリー通りになりやすいため初心者向き、日本の深夜帯であるヨーロッパ市場は、急激な動きが多いと言われています。


自分のトレードスタイルで市場を選ぶ

時間によってトレードの特徴が変わるということは、自分が得意とする投資方法で利益を出しやすい市場を見つければ、効率も上がるということです。トレード初心者はアジア市場で、慣れてきたら、ライフスタイルと相談して自分のやりやすい市場は何時からなのかなどを調べることもFXの醍醐味といえるのだそうです。

6月 9 2014

FXはデモトレードで感覚をつかめ

FXではデモトレード機能の発達しているアプリケーションが増加しているそうです。FXトレードはスマートフォンでのトレードがメインとなってきたことから、操作性や、リアルタイムで変わる情報を管理することが一つの端末で可能となっています。


FXでお金を動かすという実感を

実際にトレードが開始されると、マイナスが出れば自分の証拠金がマイナスになりますが、スマートフォン上で売買の操作を行うだけでいいという問題から、あまり最初のうちは実感がわかない、あるいはタイミングをなかなかつかめないと悩む人もいるそうです。そこで便利になってきたのが、売買を実際には行わず、バーチャルでお金を動かすデモトレード機能です。


デモトレードはノーリスク、ノーリターン

デモトレードでは、実際に自分のお金を動かすわけではありませんから、レバレッジを設定しても、FXでプラスやマイナスが出ても、自分が利益を得ることはありません。しかし為替は本当のチャートと同じように動きますから、円安や円高の理屈や、外貨為替の基礎を学ぶためには非常に優れたツールであるという考え方をする人もいます。実際にお金を動かすリスクなく、為替の学習を実体験できる貴重なもので、参加費用がかかるものも少ないそうです。