6月 9 2014

バーチャル市場が世界を渡るFX

FXでは24時間、いつでも為替が動くことが株式投資と大きく違うところとなります。株式投資では時間がきっちりと決まっている、15時で一日の売買を行う市場が閉じてしまうので、ほかに仕事をしている人が、片手間で投資をすることが難しかったかと思います。またレバレッジを設定できるので、証拠金以上にトレードができるのも敷居が高すぎない理由だそうです。


FXは世界中の市場をバーチャルで移動

FXは24時間をかけて、世界のバーチャル市場を移動します。そのため24時間、いつでも売買ができるのですが、この市場には各場所で癖を持っている場所もあることから、全く同じものを売買していても、同じ市場という感覚でトレードを行うことは危険でもあるそうです。アジア市場は、FXで言われるセオリー通りになりやすいため初心者向き、日本の深夜帯であるヨーロッパ市場は、急激な動きが多いと言われています。


自分のトレードスタイルで市場を選ぶ

時間によってトレードの特徴が変わるということは、自分が得意とする投資方法で利益を出しやすい市場を見つければ、効率も上がるということです。トレード初心者はアジア市場で、慣れてきたら、ライフスタイルと相談して自分のやりやすい市場は何時からなのかなどを調べることもFXの醍醐味といえるのだそうです。

Comments are closed.