6月 9 2014

一日1分?スキャルピングというFX売買

FXにはデイトレーダーという一日でトレードを終了させるトレードスタイルの他に、数日、数週間でトレードを行うスイングトレード、長期間ポジションを維持するポジショントレードと期間によってトレードに通称があります。


FXを一日数分だけ行うスキャルピング

デイトレードの中でも非常に短い時間だけ、秒単位で売買を行なうスタイルをスキャルピング、と、頭を奪うという英語のスカルにかけて呼んでいるそうです。システムでの売買には規制がかかるといった声もあるそうですが、現時点で明確な情報はなく、FX会社でも、手動の売買に関して時間制限などを設定している会社は特にないと言われているそうですが、禁止行為に追加している会社も少しずつ出ていると言われています。


薄利を何度も重ねる方法

FXではトレード時間が短いほどリスクのかかる時間が少ないという判断から、レバレッジを高くする傾向にあるそうですが、スキャルピングでは、多くの為替が少しずつ値上がりと値下がりを繰り返し、徐々に価値をあげるというデータから、この右上がりの時間帯だけにトレードをするそうです。瞬発的に価値の下がった瞬間に買いますが、次に上がった瞬間には売る、といった薄利を、短い場合には秒単位で行うそうです。リスクも大きくなるトレードなので、証拠金だけをいれるなど、マイナスを極限まで抑える工夫が必要です。

Comments are closed.