6月 9 2014

FXはリスクヘッジ

FXではレバレッジの設定で証拠金以上のお金で外貨の売買を行うことができます。投資にかかる初期費用を低くした状態でも、利益を何十倍にもできるということから、副業で利益を出している人も多いそうですが、この設定を高くするほど、リスクも高くなることからリスクヘッジを考える必要があります。


FXはマージンコールだけでいいの?

FXでは、マージンコールという証拠金を一定割合以上マイナスになった場合のアラート機能がありますが、この場合はマイナスが出ていることが確定しています。アラート後に入金がなければトレードを強制衆力、これは強制ロスカットというシステムですが、マイナスを大きくしないためのリスクヘッジです。支払えないようなマイナスにはならないといえますが、これ以外にも売買をシステムに任せるなど、今は方法も増えているようです。


シストレで長期トレードもリスクヘッジを

シストレとは自動売買システムに通貨の売買を任せる仕組みです。これを利用すると、指定した差額や、値段になったときにシステムが自動的に売買を行なってくれるため、寝る時間や会議など、長時間どうしてもチャートを確認できないときも、安心できるようになったという声もあるそうです。また、長期間のトレードでスワップポイントを目指す場合にもシストレはリスクを最小限に抑えてくれるそうです。

Comments are closed.