6月 9 2014

FXを長期トレードすることで生まれる利益

FXではレバレッジを高くして、なるべく時間をかけないでトレードを行うという考え方をしている人も多いかもしれません。確かに短時間のトレードではハイレバをかけて、できる限り大きな利益をめざし、リスク管理を行いつつ得るという方法が多いのですが、長期トレードを行う人もいます。


FXでロールオーバーすると生まれるスワップポイント

FXではニューヨーク市場を一日の終わりの市場としています。市場そのものは24時間動いていますが、一日の区切りがニューヨーク市場ということです。この市場を持ち越すことで生まれるのが、スワップポイントという金利の差です。金利の安い通貨と高い通貨を組み合わせることで生まれる利益ですが、一日の差はそこまで大きくありません。そこで、長い期間で金利を持ち越すことで利益を考えるというものです。


低いレバレッジで確実な利益を

このトレードの場合には、なるべくレバレッジなどリスクが大きくなる要因となるものを亡くしてトレードを行います。その分だけ証拠金も必要になるという声もありますが、長期間、トレードを確定せずに保有していることから、価値の暴落や、極端な値上がりなどに対応できなくなる、といった事態を防止するためです。確実に、安全に利益を得るトレード方法です。

Comments are closed.